EDK公式WEB | エッグドロップ®甲子園・ルールまとめ
16225
page,page-id-16225,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,boxed,,qode-theme-ver-1.0 (build edbcb40),wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive
 

エッグドロップ®甲子園・ルールまとめ


制作から投下まで基本的な流れ

1.制作

3種類の材料からエッグプロテクター™の制作、またPRシートの作成に取り掛かります。

2.PR作成

エッグプロテクター™の広告宣伝の為のPRシートの作成です!イラスト、キャッチコピー、工夫が問われます!

3.計量

レジスターで開発コストの為の計量とエッグプロテクター™登録です。

4.写真撮影

エッグプロテクター™の写真を撮影し、エッグプロテクター™総選挙に向けて投稿しよう。

5.総選挙!

宣伝PRに努め、エッグプロテクター™総選挙という人気投票に投票を呼びかけましょう!

6.投下!

いよいよ投下!エッグプロテクター™は 「キミ-黄身-」を守れるか!

エッグドロップ®甲子園のルール総まとめ

エッグドロップ甲子園は単なる理科実験ではありません。

エッグドロップ®はある一定の高さから落とす生タマゴを紙だけで作ったエッグプロテクター™で守るという理科実験ですが、エッグドロップ甲子園はその理科実験を利用し、知識だけでなく、デザインものづくりマーケティングなど実際の現実世界を体感する総合頭脳競技です。

その総合頭脳競技であるエッグドロップ甲子園について、レギュレーション、つまり、ルールを以下の通りにまとめました。

◯キミ(黄身)を守れ! – エッグドロップ®甲子園

まずは何が何でもキミ(黄身)を守れ!
エッグプロテクター™でタマゴを必ず守りましょう!守らないと話が始まりません!!!

様々な製品を包み込むパッケージ、梱包材が内容物をしっかり守るというのはもちろんのことですが、先進的なデザインの自動車であっても、まずは最重要項目となる役割はエンジン性能でもデザインでもありません。第一に乗員の命を守ることです。

エッグプロテクター™もまずは「タマゴ」を守りましょう!

*タマゴを入れている透明袋に空気を入れたり、紙を入れたり、開封したりの加工は一切禁止です。
*これは万一割れてしまった時に「大切な食料」をムダにせず袋内で卵液が留まり、加熱調理して食べる為の袋です。

3つの評価項目 – エッグドロップ®甲子園

エッグドロップ甲子園では、エッグドロップ®を利用し、現実世界を体感する総合頭脳競技ですが、その為、様々な評価項目の中から以下の3つの評価項目を取り上げ、独自開発のアルゴリズムに従って点数化し、順位を決定します。

開発コスト

全てのものづくり、研究開発には“コスト”がかかります。常にコストを意識し、またそのコストを確保することを念頭に置く必要があります。

開発時間

ものづくりでも研究開発でも常に時間との勝負です。より良い製品、研究開発を心掛けるのは当然ですが、競合他社よりもいち早く世に送り出す事も勝負の分かれ目になります。

総選挙!

何でもやれば、世に知られる訳ではありません。自分たちの成果を多くの人々に正しく知ってもらうために広告宣伝、PRは欠かせず、また相乗効果でより多くの製品が売れます。

開発コスト – エッグドロップ®甲子園

◯開発コストについて

1.使用した分の紙の量がコストとなります。無駄なく、使いましょう!

:3つの原材料が渡されます。どの材料を使うかは自由。1種類だけの使用でも複数の種類を組み合わせて使用するのもOK!

2.どれだけ使ったかを「レジスター」で計量します。

:1g単位で原材料の使用量を計量します。3種類の紙がありますが、1つの紙につき、1つの専用透明袋に必ず入れてください。
専用の透明袋に入れたら、計量や登録を行う「レジスター」に持参してください。

*紙の種類によっては透明袋に入りきらない場合があります。その際は改めて案内します。

開発時間 – エッグドロップ®甲子園

◯開発時間について

1.60分までは、みんな同じ。その後、61 – 90分までの残り時間30分間から、どのぐらい短縮できるか?

 

例)Best < 61分 < 68分 < 70分 < 86分

 

:開発とPRシートの記入が終了した後、速やかに会場内の計測スタッフに呼びかけ、終了申請しましょう。
終了時間の記録をしてもらってください。1分毎の計測になります。
その後、エッグプロテクター™とPRシート、残りの紙(原材料)を入れた全種類の透明袋を持って、制作ルーム内に設置しているの“レジスター”まで登録にお越しください。

 

エッグプロテクター™完成時、つまり、終了申請時にはタマゴが搭載されているものとします。
また申請後はエッグプロテクター™及びPRシートに手を加えることはできません。
手を加えると失格になります。

エッグプロテクター™総選挙 – エッグドロップ®甲子園

◯エッグプロテクター総選挙について

1.総選挙とはエッグプロテクター™の人気投票です!

 

多種多様なエッグプロテクター™はどれだけ多くの支持が得られるか!
PRシートで広告宣伝をし、またSNSを使うなどして自社製品であるエッグプロテクター™の支持を集めましょう!

得票数が多いもの程、人気商品とみなします。また得票数に応じて開発コストが多少、下がります
人気商品はたくさん売れる。売れるから大量に作り、大量に作るから製造コストが下がるというイメージと同じです。

 

人気投票ができるのは、会場特設投票コーナー及びFacebookページです。
会場特設投票コーナーにはPRシートとエッグプロテクター™の写真の張り出しをします。
Facebookページではプロテクター写真のみ公開します。

 

『エッグドロップ甲子園PRシート』は紙上プレゼンであり、広告宣伝物(チラシ)です。
イラスト、文字、何でも構いません。
自分たちのエッグプロテクター™の良さをみんなに呼びかけ、届けましょう!!!
呼びかけは、あらゆるSNSを使っても、口コミでも、会場で呼びかけても何でも構いません!

 

※PRシートには個人を特定するような情報の記載は禁止です。
※PRシート自体に「投票してください」等、投票を呼びかけるような文言、イラスト等、全て禁止です。
※特設会場で貼り出されるPRシート、写真はモノクロで出力される場合があります。
※PRシートにはエッグプロテクター™の写真の貼付けは禁止です。
※禁止事項に触れた場合は得票数が無効となります。十分にご注意ください。

その他 – エッグドロップ®甲子園

エッグドロップ甲子園は競技です。
競技であるからにはルール(レギュレーション)があり、その中で競い合います。

ここで改めて理解しておかねばならないのは、エッグドロップ甲子園は単にタマゴを守れば良いという訳ではありません。

タマゴを守るだけであれば簡単です。

どのような紙であっても、円錐形を作れば守れます。おそらくは15mぐらいまではコピー用紙でも守れるでしょう。

そうではなく、タマゴを守るのは当たり前として、その先を目指しましょう。

以下には、使用可能なツールと原材料となる紙についての案内です。

使用可能なツール – エッグドロップ®甲子園

◯使用可能なモノ
ハサミ、スティックのり、その他については『エッグドロップ®甲子園質問コーナー』またはルールブック参照をしてください。

当日、競技中は使用可能なツールについての質問は一切受け付けません。

心配な場合は前日までに必ずお問い合わせください。

なお、針なしステープラー使用は可能です。

原材料となる紙は3種類 – エッグドロップ®甲子園

◯紙は3種類!

A:原材料1 B:原材料2 C:原材料2

原材料には予め価格が決まっています。

例えば、A:20円, B:12円, C:10円ならば、そのまま原材料の価格(コスト)は、A > B > C になります。
コストについては競技当日、公表されます。

全種類、組み合わせて使用もOK。1種類、2種類と組み合わせや単品での使用もOK。
なお、開発コストの計量の際に複数枚を貼りあわせて使用した場合の計量はコストの高い方に合わせて計算します。

それぞれの紙は必要ならば1枚まで追加もOK。追加1種類1枚につき手数料がコストとして加算されます。

但し、追加分は早い者勝ち。在庫には限りがあり、常に追加の紙(原材料)があるとは限りません。

いち早く判断し、原材料を確保しましょう!

制作ルーム内の”レジスター”にて制作開始時と同時に追加申請可能です。
IDと共に申請してください。

エッグプロテクター™を撮影しよう! – エッグドロップ®甲子園

◯広告宣伝やPRには写真も大切!

出来上がった『エッグプロテクター™』は大事な自社製品!と同じ。

そのエッグプロテクター™をできるだけ多くの人々に支持されるようにPRシートをまとめると同時に
より良い写真を撮影しよう!

その写真がエッグプロテクター™総選挙!に使用されます。

広告宣伝やPRにはキャッチコピーと共に重要なのは、「写真」です。

自分たちのエッグプロテクター™の魅力をより良く伝えられるアングルで撮影をしよう!

エッグドロップ甲子園,エッグドロップ,eggdrop

レギュレーション・ブック – エッグドロップ®甲子園

エッグドロップ®甲子園のレギュレーション・ブック(ルールブック)です。

表紙をクリックすることで、PDFファイルのレギュレーション・ブックの閲覧やダウンロードが可能です。

競技の参加はこのレギュレーションの熟読が前提です。